センチュリー21 株式会社リブレット

Home > ハウス > センチュリー21 株式会社リブレット

自由が丘の賃貸マンションならセンチュリー21リブレット

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

自由が丘で賃貸マンションを探すなら、センチュリー21リブレットへ。自由が丘に密着したサービスを目指しています。英語が話せるスタッフもいるので、外国人の方の来店もお待ちしております。自由が丘の賃貸のお部屋探しはセンチュリー21リブレットへお任せ下さい!

デザイン関連の仕事を自宅でしていたのですが、やはり独立した仕事場を持ちたくて、賃貸物件を探す事にしました。仕事の性質上、事務所の場所のイメージは大切なので、家からほどほどに近くて、通いやすく、イメージも良い自由が丘で探し始めました。しかし、事務所として使えて、ある程度見栄えの良い外観の建物で、静かで便利な場所にあって、という条件に合う物件を探すのはなかなか大変でした。また、ネットなどで探した場合、最低限の条件はもちろん記載されているのですが、それだけしか情報がないことが多いことが少し不満でした。一戸建ての場合は、「スーパーまで徒歩5分!日当たり良好」などのアピール面がたくさん記載されていることが多いのですが、賃貸の場合、あまり見かけることはありませんでした。そんな時、たまたまみかけたページには、会社の担当スタッフの人の名前入りで、おすすめの理由やポイントがしっかりと記載されていました。良さそうな物件がいくつかあったので、早速、担当の人に連絡して、現地を見せてもらうことになりました。最初にある程度おすすめポイントがわかっていたおかげで、現地では逆に、何か不便な点はないだろうかという確認に集中できて良かったと思います。無事その中の一軒と契約できて、新しい仕事場を持つ事ができました。

注目キーワード

東急不動産だまし売り裁判
林田力が東急不動産消費者契約法違反訴訟を描いたノンフィクション。正式タイトルは『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』である。2009年7月1日にロゴス社から刊行した。不利益事実を説明されずに東急不動産...
不動産
*民法86条による定義 土地及びその定着物((なお定着物の例として、建物、庭石、樹木がある))は、不動産とする。 *不動産の鑑定評価に関する法律による定義 不動産とは、土地もしくは建物または、これらに関する所...