浪貝畳店

Home > ライフ > 浪貝畳店

世田谷区の畳張替えなら浪貝畳店|畳の新調、リフォームなどもご相談下さい

畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

畳の傷みも酷かったので、思い切って畳張替えを依頼しました。世田谷区にある畳店は、若い世代が好みそうなデザインの畳もあり気になっていました。無料で見積りができると知り、さっそく見積もりを出してもらいました。希望通りのイメージもでき、親身になって聞いてくれたので畳張替えをお願いすることにしました。今までの畳とは雰囲気も変わり、リフォームをしたような感じになりました。オシャレで、これが畳と驚いてしまうくらいです。作業も見ていましたが、テクニックがすごいと感じました。高い技術で、満足のできる畳張替えができました。世田谷区にある畳店を選び、正解だったと感じました。普段はリビングで過ごしていましたが、張替えをしてからは畳の部屋にいる事が増えたなと思います。自然と畳のある部屋に足が運んでしまい、心地よいのだと思います。丁寧な対応で、費用も納得ができ気持ちの良い畳に満足しています。子供達も、畳のある生活が好きだと言っていて寝転んだり昼寝もしています。家族が自然と集まり、過ごしやすい最高の時間を過ごしています。裸足で歩くと、その良さを実感できるなと思います。隙間も解消されて、見た目もとても良くなり嬉しいです。

注目キーワード

四畳半
六畳と並んで日本の家屋を代表する部屋の間取り -ときわ荘は四畳半一間で それでも当時両国森下の二畳の部屋から移ってきた 藤子不二雄の二人には四畳半がとても広く感じられた
四畳半神話大系
原作・森見登美彦、監督・湯浅政明で贈る不毛と愚行の青春奇譚。2010年よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送。