mormor

Home > サービス業 > mormor

東京でベビーシッターならモルモル

赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京でベビーシッターサービスを提供しているmormor モルモルのホームページです。気軽でシンプルなベビーシッターサービスが1時間1900円から。リフレッシュ利用も大歓迎、働くママの仕事と子育ての両立を応援しています。

東京で、ほとんど駆け落ち同然で結婚してしまったので、どちらの両親にも産後に頼れないことが分かっていたので、出産と同時位に入会しました。一度入会してしまえば1年後に更新は必要ですが、頼れる場所が出来たという安心感で、気持ちがとても楽になりました。実際初めてベビーシッターを利用したのは自分の腱鞘炎の通院のときです。誰かに見ていてもらえるというのは本当に安心感がありました。担当のシッターさんと一緒にいる吾が子はとても落ち着いていて、その後、不定期でしたが、用事があるたびに早目に予約をして調整していただき、同じかたに来ていただく事が出来ました。 完全に子供の保育だけをしていただけるので目を離されることもなく、とても安心でした。私が戻るときにはその日一日の様子レポートをくださり、手に取るように様子がわかりました。料金体系も明瞭で、お支払いは翌月払い。その時に持ち合わせがなくても大丈夫なのが助かりました。お外へのお散歩にも行っていただけました。 その後、子どもが幼稚園児になってからも、昼過ぎの園へのお迎えに遅れそうなときはベビーシッターさんに来ていただきました。園にもきちんと連絡をしておけば大丈夫です。信頼できる預け先が確保できているというのはどんなに安心なことか、大変ありがたかったです。ベビーシッターさんは子供と手をつないで歌を歌いながら帰ってくれたそうです。 実際、調整上の問題などで、ベビーシッターさんは違う方に代わることがありましたが、どの方も温かく、入会しておいて本当に良かったと思っています。小学校も6年生まで利用できるということで、これからも味方がいる気分です。

注目キーワード

赤ちゃん本舗
乳幼児向けの関連商品を販売している会社。大阪市中央区に本社がある。1932年創業。1941年2月27日法人化。 →アカチャンホンポ
赤ちゃん
あかんぼう、あかんぼ、あかご 生まれたばかりの子ども。