大雄山セントラルクリニック

Home > ライフ > 大雄山セントラルクリニック

南足柄市・小田原市で内科や人工透析を専門に治療|大雄山駅からすぐ

病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

小田原市,南足柄市で内科や人工透析の病院をお探しの方は「大雄山セントラルクリニック」をご利用ください。透析治療は個室完備・水質管理の徹底により、安心して治療に取り組む事が出来ます。当院へお越しの際は最寄りの南足柄市大雄山駅をご利用下さい。見学受付中。

夫の転勤によって最近南足柄市に転居してきた30代の女性です。転居前は埼玉県に住んでおりましたが、初めての神奈川県ということで地域の状況もわからずに、小さな子供を抱えて困惑をしていました。そのような時に体調を崩してしまい、思うように起き上がることができなくなってしまったこともあり、思い切って病院にかかることを考えました。 相談を夫にしてみたところ、新しくてきれいな病院が南足柄市の大雄山駅の近くにあるということで、そこを訪れて診察を受けてみることとしました。ホームページで受信可能日時を確認すると、平日午前中はいつでも大丈夫ということで安心して行きました。 病院名は大雄山セントラルクリニックです。病院だとは思えないようなきれいな建物で、待合ホールや受付カウンターなどもホテルの中にいる雰囲気で驚きました。自分がかかったのは内科でしたが、人工透析を必要とされている方が多く利用されているとのことでした。 診察は、医師の方がとても丁寧に自分の状況を聞いてくださいました。体調不良の原因の1つとして転居によるストレスもあることも指摘され、投薬以外にも良い気分転換方法もアドバイスしてもらい、ほっと安心をすることができました。診察後は体調も回復し、このような素晴らしい病院が身近にあるという安心感も得られたので、毎日の生活も前向きにできるようになり感謝しています。

注目キーワード

精神病院
精神科病院の旧名称。2006年、精神病院の用語の整理等のための関係法律の一部を改正する法律(精神病院の用語整理法)の制定で変更になった。 →精神科病院
救急病院
1964年の「救急病院等を定める省令」に基づき、都道府県知事が告示する病院である。 その要件は、 救急医療について相当の知識及び経験を有する医師が常時診療に従事していること。 エツクス線装置、心電計、輸血...