末松商事

Home > ライフ > 末松商事

防犯カメラの設置なら末松商事へ

防犯の関連情報

防犯(ぼうはん)とは、犯罪を未然に防止することである。 防犯は、家屋に侵入して来る犯罪者に対して予防したり、また危害を加えられそうになったときに抵抗するための用具を携帯する受動的防犯と、地域を巡回したり、家庭を戸別訪問して犯罪の芽を摘み犯行を未然に防ぐ能動的防犯とに分けられる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

防犯カメラ、監視カメラの設置を専門で日本全国に実施している末松商事です。さまざまな環境に合わせた安心の防犯対策をご提供いたします。スマートフォン対応の防犯監視システムもございます。工事に関するご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

自宅には庭があるため、野良猫などがよく庭に侵入してくることがあります。夜中に庭の物置小屋の前でケンカしている音と泣き声がすることもありますが、基本的には特に対策をしていませんでした。ですが、夜中に猫とは違う鳴き声や外壁の部分をひっかく音がして目が覚めました。その時は、何か庭にいる気配はありましたが、何がいるかわからず怖かったため窓を開けて確認せずにそのまま眠りました。 次の日も同じように音がするため何がいるのか気になり始めましたが、直接窓を開けるのはちょっと気が引けたため防犯カメラを購入し庭に設置しました。いつも音がする場所が見える位置に防犯カメラを設置しておき、スマートフォンから映像をチェックできるように設定しておいたため、夜中物音がした時の動体検知の通知がきた時に録画を設定し、夜を待ちました。 夜遅くまで起きているとごそごそと庭で音がして、カメラが作動し通知がスマートフォンにきたため、カメラの映像をスマートフォンからチェックしてみると猫よりも大きな生き物が庭で動いていたため、窓をあけ少し物音をたてて追い払いました。後からわかりましたが、町内会でアナグマによる被害がでているとのことでしたので、自宅の庭に来た動物もアナグマだったと思います。その後は庭に対して簡単に侵入できないように柵を作り対策をしました。 防犯カメラがあることで、直接、目視する必要がなく庭をチェックできたことでいろいろと対処できたのでこれからも庭に設置しておき物音がした時には、活用していくつもりです。

注目キーワード

日本警備防犯協会
特定非営利活動法人 所轄庁:東京都 広く一般市民や企業を対象とし、警備業務の適正化事業、防犯活動の支援事業、防犯意識向上を図る為の講習会等の開催による防犯啓蒙事業、一般家庭を対象とした犯罪被害の調査・研......
防犯設備士
1992年(平成4年)2月から国家公安委員会認定事業で、警察庁所管公益法人の社団法人日本防犯設備協会が認定する民間資格をとった専門家のこと。 日本防犯設備協会が主催する防犯設備士養成講座を修了するか、防犯...