アテネ・フランセ

Home > 学校 > アテネ・フランセ

アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

昔からフランス語に憧れがあったので、東京で短期集中で学べる学校を見つけたので通ってみました。創業から100年以上の伝統がある学校らしく、重厚なイメージでしたが、丁寧で優しい先生がわかりやすくフランス語を教えてくれたので短期間でフランス語の基礎を学ぶ事ができました。初心者から上級者まで自分のレベルに合ったクラスが選べるのが魅力で、短期集中で学べるのは、私のように仕事が忙しい人でも通いやすくて便利でした。授業はすべてが日本語で説明があったので、初心者にもわかりやすい内容で、ベテランの人気講師が時折冗談を交えながら教えてくれたので、楽しく学習しやすい環境がありました。短い間でしたが、大事なポイントを集中して学べたので、フランス語の基礎の部分がわかったような気がします。テレビでフランスの映画を見ても字幕なしでもわかる言葉が結構あったので今までとは違った楽しみ方が出来るようになりました。フランス語をマスターすれば旅行も楽しくなるし、映画なども字幕なしで理解ができるので、これからもコツコツ学んでいきたいです。清潔感がありきれいな教室で集中して学べる学校なので、忙しい人でも通いやすくて良い経験でした。

注目キーワード

フランス語名
フランス語での名称。
フランス語圏
フランス語が通じる圏域。公用語や準公用語にフランス語が設定されている国・地域の総称であり、フランスの旧植民地が広がっていたアフリカ西北部に多い。フランス語の話者を「フランコフォン(francophone)」と、...