京生麩のお店 愛麩

Home > ライフ > 京生麩のお店 愛麩

京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

修学旅行や観光客の人気の場所と言ったら京都があげられます。京都に行ったら必ずお店で見かけるのは、八つ橋です。以前は、橋のような形で食べると硬くて歯ごたえがあるものしかありませんでした。味のニッキと抹茶2種類だけの味でした。修学旅行などで買いましたが、日持ちがするのでお土産にするには、最適です。噛めば噛むほど、硬いおせんべいですがシナモンの味がしてなんとなく癖になって次々食べたくなる味です。そのあとは、生八つ橋が主流になりました。柔らかい正方形の皮を三角にたたんである中に、粒あんやチョコなどが入っています。食べると柔らかい触感で求肥のようなおもちのような触感です。八つ橋は、主に米粉・砂糖・桂皮を練り混ぜた生地を焼きあげ仕上げたお菓子で京都でしか味わうことができないお菓子です。定番は、ニッキ・抹茶・粒あんですが最近は、チョコバナナやいちごやメロンなどの果物やラムネなどのかわった中身のや生八つ橋や期間限定などその期間にしか食べることができないものなどもあります。定番以外で最近あるのは、皮のみの八つ橋があります。確かに、皮のモチモチ感がおいしいので皮だけでも十分楽しめます。皮だけの場合味は、ニッキと抹茶だけですがどちらもこの皮に合った味がします。生八つ橋は、硬い八つ橋に比べると日持ちがあまりしないです。メーカーにもよりますが、保存料や添加物がないものだと早いもので3~4日くらいです。他は、1週間前後くらいです。時間がたてばたつほど、皮は固くなるので早めに食べるのがおいしく食べれるコツです。食べきれないときは、冷凍する方法もあります。1つ1つラップにくるんで、冷凍庫で保管すると後からでもおいしい状態で食べることができます。食べたいときは、自然解凍で15分くらいしてから食べると買った時と同じような状態でいただくことができます。八つ橋は、ニッキや抹茶などの定番や最近は進化していろいろな味があるので飽きずに楽しむことができます。

注目キーワード

日本料理店
日本料理(和食)を提供する料理店のこと。総務省の日本標準産業分類では、日本料理店の定義は「主として特定の日本料理(そば、すしを除く)をその場所で飲食させる事業所」と定められている。
日本料理
日本で独自に味付や調理法が発達した料理。一般には「和食」と呼ばれている。日本独自の料理であってもオムライスやハヤシライスなどの日本人の好みに合うように西洋料理をアレンジして生まれた「洋食」と呼ばれてい......