ボックキッチンカー

Home > 乗り物 > ボックキッチンカー

移動販売車の製作専門|大阪のボックキッチンカー

自動車の関連情報

自動車(じどうしゃ、英: car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

移動販売車やキッチンカーを大阪の堺市で作っています、新車や中古車にシェルを乗せて内装、外装、設備、保健所、陸運局の対応と、オールインワンで承ります。食品やスイーツなど、移動販売車で起業や副業をされたい方はご相談ください。

移動販売車は昔からあるもので、スーパーなどが近くにない地域で重宝されています。それに加えて、高齢化社会になり自宅近くまで来てくれるというのはかなりメリットがあり必要とされています。ちなみに、移動販売車には種類があり、クレープ屋さんやキッチンカーといわれるその場で調理をして販売するものと、スーパーのように様々な食品を用意しているタイプがあります。そして、いずれの販売車も用途に合わせて改造されていて、設備も充実しています。例えば、キッチンカーでは販売カウンターはもちろんのこと、ガスコンロや冷蔵庫なども備え付けられていてほとんどのものを作れるようになっています。そして、スーパーのように棚も作られていて、自分ですきなものを取り出して購入できるようになっています。もちろん、一般的なスーパーに比べると品数は劣りますが、要望を伝えることによって持ってきてくれるサービスもあります。そして、車の大きさもコンパクトなタイプでは軽バスから2トントラックなどがあり、用途に応じて選ばれています。狭いところに止めるのであれば、軽バスのほうが小回りが利いてよいのですが、移動スーパーとして使うのであれば少し大きめの2トントラックが人気となっています。そして、移動販売車を専門として作ってくれる業者もあり、そちらに依頼をすることで要望通りに作ってもらうことができます。特に外装は人の目を引き付けるだけでなく、何を販売しているかも判断される広告となります。そのため、色を変えたりパーツを付けることで雰囲気を出しています。しかも、実際に作ってもらうにあたって、サンプルや知識を持った人の意見も取り入れることで完成度の高い車にすることができます。ちなみに、費用としてはピンからキリまでありますが、軽バスを改造してキッチンカーにする場合250万円前後で作ることができます。もちろん、可動式のカウンターを付けたりすることによって金額は高くなりますが、その分使い勝手がよく人気になり売上アップのも繋がります。