コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

Home > 学校 > コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

コミュニケーション能力向上、スクールなら日本コミュニケーショントレーナー協会

カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト。コミュニケーションの資格認定に無料で挑戦しよう!社会で求められているコミュニケーション能力向上を目的とした講座・セミナー・研修開催とスキルアップ・学び方・実践法の情報提供をしています。

コミュニケーション能力がハイレベルな方は、伝達すること、受け取ることが上手で、 相手サイドの人の気持ちをくみ取る事にも長けていると言えます。 自分自身がアピールしたいことを理解しやすく表現する力を持っていることから、 相手サイドもストレスをためないで、話が聞けます。 それに加えて、自分本位の対話を推し進めるのではなく、相手方にとってイメージを描きやすい言葉を利用し、 相手方のテンポにしたがって対話ができるところも、特色のひとつと言えるでしょう。 そうした要素については、意思疎通を円滑化し、 相互信頼を築くことが簡単になり、良い人間関係を築き上げられます。 コミュニケーション能力が非常に高いとビジネスにも有利性があります。 プライベートでは勿論のこと、ビジネスシーンに於いて、コミュニケーション能力をしっかりと高めている方は、 周囲の人から信頼してもらえることから、ビジネス面でもとても大きな利点があります。 他の人の話を聴くキャパシティーが高ければ、 ミーティングなどでも相手方の話を聞き漏らすことがあまりなく、さらに相手サイドのアピールしたいこともしっかりと引き立たせることができます。 自分の考え方や意見をしっかりと把握してくれるなどと、第三者からの評価が上昇します。 理解しやすく話を伝達してくれると、相手サイドも業務の内容や重要ポイントが簡単にわかるようになります。 結果として、相手方やチームなど、関与する人全体の業務パフォーマンスを改善することができます。 他の人に対しての指示やプレゼンテーションの納得させる力が高ければ、言うまでもなく人を動かす役目を委ねられていきます。 コミュニケーション能力を改善させるには、頭で、解説した方法をイメージすることも効き目がありますが、一層実際的な方法を文字によって見て学習することも大事になってきます。数多くのコミュニケーション能力改善の本がたくさん発売されていますのでチェックしましょう。

注目キーワード

ピア・カウンセリング
障害者が、当事者同士集まり、お互いの苦しさ、辛さを話しあうことにより、辛さを分かち合い、助言しあっていくこと。略称、ピア・カン。 身体障害者から生まれた運動だが、精神障害者や、思春期の悩み対策などにも......
カウンセリング
臨床心理学にもとづくカウンセリング(counseling)とは、専門教育を受けたカウンセラーが、クライエント(依頼者)とのコミュニケーションを通してクライエントの心理的変容を促す過程をいう。 クライエントの日常...