アールシーレンタカー

Home > 乗り物 > アールシーレンタカー

商用車・特殊車両の損保代車レンタカーなら「アールシーレンタカー」

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

商用車・特殊車両の損保代車レンタカーは「アールシーレンタカー」にお任せ下さい。ご利用者様の様々なニーズに対応した車種をご用意しております。代車の受付から納車までのスピードは業界トップレベルです。365日専門スタッフが対応。お気軽にどうぞ。

自動車事故が起きた場合、車を修理したり買い替えたりすることになりますが、その際は乗れる車がないので、代車を利用することは珍しくありません。その場合、加入している損保会社によってルールは違っていますが、損保代車を用意してくれる場合もあります。また、代車を保険の加入者側が用意し、その費用を保険で賄うことができる場合もありますが、損保会社によって扱いは違っています。だから、まずは代車を用意してもらうことができるか、またレンタカーを利用した場合はその費用を払ってもらえるかを確認しておく必要が出てきます。ちなみに、損保代車を用意してもらうことができた場合、その代車自体は保険会社が用意してくれているので、代車費用が発生しません。しかし自分で代車を用意し、その費用を保険で賄うことができる場合は、車のレンタル代、さらにそのために加入する任意保険代を請求することが一般的にはできます。ただ、車を動かすためにはガソリンなどの燃料が必要となりますが、これは保険会社には請求できないので注意しましょう。なぜなら、代車自体は事故を起こさなければ利用しなくても良いものでしたが、ガソリンに関しては自分の車を運転しても代車を運転しても同様に必要だからです。また、保険会社によって扱いは変わりますが、例えば損保代車が必要ないというときにはその代金を保険会社に請求することはまずできません。もちろん普段は車をほとんど利用していない人が、事故を起こしたから代車を求めた場合も同様です。さらにレンタカーを利用する場合、あまりにもその費用が高額になる場合も、請求が認められないということになり得ます。通常代車を利用する期間はそれほど長いわけではなく、その間は少々不便さを感じることもあるかもしれませんが、他の車でも代用できると考えられるからです。もちろん今まで乗っていたのが高級車だった場合、その車と同等のグレードのものでなければならないというのが証明された場合は、高額なレンタカー代も請求できるという事になっています。